嫌々爺日記

日頃の愚痴か、エンタメ作品の感想か……

徹頭徹尾たけし映画・『座頭市(2003)』

公開時のキャッチコピーは「最強。」である。素晴らしいコピーだ。「。」が何とも言えぬ良い味を出している。藤岡弘、の「、」みたいな。

まあそんなことはさておき、世界のキタノ流・座頭市であるが、本家本元・勝新太郎座頭市のファンである僕からしても、文句なく面白い作品であった。

盲目にして居合斬りの達人、大侠客・座頭市この、設定を聞いただけでワクワクするキャラクターを勝新太郎は長年演じ続け、勝新といえば座頭市座頭市といえば勝新という揺るぎない方程式を打ち立てた。それゆえ、座頭市をリメイクするというのがそもそも無謀なのだ。ところがその無謀をやってのけてしまう辺りが、流石の北野監督である。

では一体何故、このリメイクが成功したのか。座頭市というコンテンツが持つ潜在的な魅力も理由の一つではあるが、勿論それだけではない。今作の後に作られた、綾瀬はるか香取慎吾座頭市の出来が惨々たるものだったことが何よりの証拠だ。

たけし版座頭市成功の最大の要因、それは、北野武勝新太郎に勝とうとしなかったから」である。

 

「カツシンだあ? 知るかバカヤロウ!オイラ世界のキタノだぞ、コノヤロウ!座頭市を撮るんじゃねえよ、オイラの映画を撮るんだよ!」

 

という塩梅だ。

まあ前半は冗談だが、後半は当たっているのではなかろうか。

勝新太郎の作り上げてきた座頭市へのリスペクトは忘れずに、だがあくまでも北野映画を。

 

こと時代劇において、ビートたけし勝新太郎よりも存在感のあるキャラクターを演じることは極めて困難であり、勝新太郎よりも格好良く殺陣をこなすこともまた困難である。ならば、わざわざそこで戦うという愚行は避け、自分の土俵で戦うだけである。

ビートたけし演じる座頭市はまさかの金髪姿であり、明らかに劇中で一人浮いている。蓮實重彦が「宇宙人」と形容するほどのその異物感は、北野武監督の「コレは北野映画だ」という宣言に他ならない。

その姿勢は随所に表れている。よく指摘されるタップダンスもそうであるし、CGを駆使した高速の殺陣シーンも、勝新太郎の殺陣の巧さに現代の映像テクニックで対抗しようとしている。

死を隣り合わせにしたシリアスな場面で挟まれるギャグなども、まさしく北野映画である。

 

繰り返すが、今作は北野映画なのだ。勝新座頭市を伝統的な和菓子とするならば、たけし版座頭市はさしずめ和風パフェである。

だから、たけし版座頭市を認めない勝新ファンは、要するに

「生クリーム入ってるじゃないか! こんなもん和菓子とは言わん!」

と言っている訳である。勿論その通りだ。でも、旨いものは旨いではないか。僕はそう思う。