嫌々爺日記

日頃の愚痴か、エンタメ作品の感想か……

レッツゴー地獄

イヤー、共謀罪可決しちゃいまっせ、皆々様。ヤバいんじゃないですかね、我が愛しの祖国、日本。滅びちゃいまっせ、割とマジで。いやまあどうせ人類なんてそのうち滅びる訳ですけども、にしてもちょっとヤバさを感じますよね、共謀罪。つって、そのヤバさを感じない人が多いから、安倍政権は未だにガンガン前進してらっしゃる訳ですが。なんて偉そうなこと言ってる僕も、ヤッベェなあ安倍政権、と思いつつ、デモなんて行かずに大学の勉強に忙殺されてるんで、ホントは何にも言えやしません。

しかし、ホントどうなることやら、ですね。安倍政権に共謀罪キチガイに何とやらってヤツですか。しかしまあ、僕も自分が若干、ごく軽度の薄っすらとしたキチガイであるという自覚があるので、共謀罪という名の地獄へ突き進む泥舟に自分が乗っているという事実にウキウキワクワク、「おっとろしいことなるで、コレ」と呟きつつニヤニヤしている訳です。それに、ま、僕はいざとなれば、安倍政権バンザイっつって涙を流し、「反日売国奴」をお巡りさんに密告密告し、「普通の日本人」としての「一般人」たる務めを果たす気満々です。ファシズム万歳、レイシズム万歳、愛国、愛国つってね。地獄の業火で焼かれるくらいなら、進んでエリート獄卒になる所存です。

ま、天皇陛下が退位して平成が平成30年で終わるみたいですし、平成が終わるついでに日本も終わればよろしいんじゃなかろうか、新元号を決める手間も省けるしさ。日本死ね。なんつって。てか、日本死ね、という例の投稿をボロクソに批判する人が大勢いた時点で、日本はもう死んでいるようなもんでしょう、さながら北斗残悔拳。

なんてしょうもないことを言ってる間にもう夜。明日も大学、あゝ憂鬱。最近、悲しいくらいすぐに一週間が経つ。恐ろしいほどすぐ夜が明ける。そうそう、夜明けといえば、日本の夜明けぜよ、ってこの台詞、実は坂本龍馬の言葉じゃないってご存知か? ご存知ない? なら結構。しかしまあ、実際に龍馬も、日本の夜明けぜよ、とは思ったでしょうけどね。

と考えると、日本の夜更けぜよ、って思ったのかなあ、小林多喜二は。特高にボコボコにされてる間、こんな目に遭うなんて日本の夜更けだ、って思ったんでしょうかね? って、まあ思った訳がないか、ぶっ殺されたんだから。殺されるときにそんな悠長に日本の未来を心配した訳がないっすわね。痛い、死にたくない、痛い、死にたくない、って苦痛と悔しさだけでしょうな、胸に去来したのは。

ま、共謀罪推進派の方曰く、治安維持法は適法だったらしいんで、小林多喜二が嬲り殺されたのは僕の記憶違いですかね。

それにしても皆さん、共謀罪に何の問題もないと本気で信じてらっしゃるんですかね。そんなに警察を信用してるんですかね。いやまあ、僕が拾った財布を交番に届けたときに応対してくれたお巡りさんはごっつエエ人でしたけどね、ごっつエエ人でしたけど。かといって、警察組織っちゅうもんに何故そこまで信頼を置けるのか。アホなのか。あるいは馬鹿なのか。

ま、ま、いいじゃないですか、突き進みましょうよ、共謀罪。安倍政権、安倍政権を支持することが愛国だと信じて疑わない馬鹿、「他にいい政党がないし……」とあくまで自分は消極的ですよ、という言い訳をしながら安倍政権を支持する思考停止のバカ、ノンポリという言葉で自分の政治に対する無関心と無教養を誤魔化すクソ馬鹿、そして、ヤベエと思いつつ腰を上げない僕のような最低最悪の愚民。この皆んなが同罪です、共犯です。オールを漕ぐ勢いに差はあれ、上記の皆んなが地獄への泥舟を漕いでるという事実に変わりはありません。

ま、ま、ま、地獄行きが嫌で必死に抵抗している方々は、どうもすみません。ただ、多分もう無理です。ちゃっちゃと逃げてください。泥舟がまだ地獄じゃなく海に浮かんでいる今のうちに、舟から降りてください。海に飛び込んでください。

僕は泥舟に残ります。泳げないし、地獄巡りもしてみたいし。もしかしたら地獄に落ちずに水平線の向こうまで辿り着いちゃうかもしれないし。あれ、意外と大丈夫だったなあ、この泥舟でも、つって。

なんつって、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ではでは、海へ飛び込むスマートな皆様はここらへんでさようなら。お元気で。舟に残った僕達は、いざ、突き進みます。レッツゴー地獄。